山田コンサルティンググループ<4792>は10日、2024年3月期通期連結業績予想及び期末配当予想の修正を発表。

売上高は前回発表予想比1.3%増の221.00億円、営業利益は前回発表予想比5.7%増の37.00億円、経常利益は前回発表予想比7.1%増の37.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益は前回発表予想比11.3%増の28.40億円にそれぞれ修正した。

コンサルティング事業において、M&Aアドバイザリー、経営コンサルティング、不動産コンサルティングがそれぞれ案件引合・受注が順調であったことから、売上高は当初予想を 3.00億円上回る見込みとなった。

親会社に帰属する当期純利益が当初予想を上回る見込みとなったことより、期末配当を前回予想から1株当たり8円増配の1株当たり42円となる見込みとなった。

年間配当額は、前回予想から1株当たり8円増配の1株当たり75円となる見込みである。