TWOSTONE&Sons<7352>は12日、海外募集による新株式発行を行うことを発表。



同社は、同社普通株式1,230,000株をMacquarie Capital Limited(引受人)が買取引き受けし、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)にて募集を行う。発行価格は、日本証券業協会の定める有価証券の引受け等に関する規則第25条に規定される方式と同様のブックビルディング方式により、発行価格等決定日の東京証券取引所における同社普通株式の終値に0.90〜1.00を乗じた価格を仮条件として、需要状況等を勘案したうえで決定する。発行価格と引受人により同社に払い込まれる払込金額との差額の総額を引受人の手取金とする。払込期日は、30日で、受渡期日は5月1日である。申込株数単位は100株である。新株式発行後の発行済株式総数は、43,224,240株となる。



調達資金は、2026年8月までに、持続的な成長を達成するための組織構築のための人材採用費及び人件費(約6.00億円)として、エンジニアマッチング事業を中心とした同社の事業拡大のための戦略的なM&Aを実行するための待機資金(約13.84億円)として、使用される。



同海外募集は、さらに成長を加速させるための投資を積極的かつ機動的に行うことで企業価値及び株主価値を向上していくことを目的としている。同社は、同海外募集により海外投資家層の拡大を図ることで、より一層の株主層の拡大と株式の流動性の向上を期待している。