エスフーズ<2292> 3150 -260

営業利益が前期13.0%減・今期9.3%減予想と発表。



PCNET<3021> 1521 -340

第3四半期累計の営業利益が26.3%増と上期の57.5%増から増益率が縮小。



ワンプラ<4199> 1234 +108

上期営業損益は黒字転換。



ジェイドG<3558> 1760 -500

前期利益は会社計画に届かず、今期営業利益は0.9%増予想。



スマートドライブ<5137> 1643 +92

24年9月期利益予想を上方修正。



ギックス<9219> 1071 +150

24年6月期に初配27円実施。



テラスカイ<3915> 2033 +363

大幅増益見通しやNTTデータとの資本提携を引き続き好感。



ダイヤHD<6699> 805 +65

超高エネルギー点火システムを開発と発表。



ヨシムラフード<2884> 1402 +170

前期業績は従来計画大幅上振れ着地。



東宝<9602> 5339 +368

前期業績の大幅な上振れ着地を好材料視。



ニデック<6594> 6787 +436

水冷モジュールの生産能力拡大を発表で。



SHIFT<3697> 17490 +540

決算受けての嫌気売りにも一巡感で。



ベクトル<6058> 1366 +53

今期の連続2ケタ増益見通しを引き続き好感。



いちご<2337> 436 +12

2ケタ経常増益見通しや増配を評価へ。



ACCESS<4813> 1534 +93

IOWN関連としての期待感も根強く。



KOKUSAI ELECTRIC<6525> 4280 +60

マッコーリー証券では新規買い推奨。



エス・エム・エス<2175> 2286.5 +89.0

突っ込み警戒感強まり押し目買い優勢に。



三ツ星ベルト<5192> 4825 +150

有価証券売却益計上を引き続き材料視。



IDOM<7599> 1421 +38

大和証券では投資判断を格上げ。



朝日インテック<7747> 2392 +75.5

オリンパス上昇も支援に安値圏での押し目買い優勢。



ベイカレント・コンサルティング<6532> 3609+156.0

岩井コスモ証券では投資判断を格上げ。



マネーフォワード<3994> 5625 +130

決算受け15日に大幅安も見直しの動きから反動高。



オリンパス<7733> 2240 +51.5

ゴールドマン・サックス証券では投資判断を格上げ。



古野電気<6814> 1797 -500

今期の2ケタ減益・大幅減配見通しを嫌気。



FPパートナー<7388> 5070 -950

第1四半期減益決算をマイナス視。



日置電機<6866> 6430 -640

第1四半期は想定外の大幅営業減益に。



TSI HD<3608> 824 -99

自社株買いなど評価で前日は急伸も。