■業績見通し



1. 2025年2月期の業績予想

2025年2月期の業績予想についてクリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387>は、売上収益を前期比5.0%増の153,000百万円、営業利益を同31.4%増の9,300百万円、税引前利益を同31.2%増の8,700百万円、親会社の所有者に帰属する当期利益を同21.0%増の6,100百万円と増収増益を見込んでいる。特に利益面で大幅な伸び率を想定しており、調整後EBITDAも26,200百万円を確保する見通しである。



国内消費の活発化やインバウンド需要の継続などを背景として、各カテゴリーの伸びが増収に寄与する。既存店売上高(連結)は前期比105.4%を想定している。新規出店はコアブランドを中心に30店舗(退店17店舗)を計画するとともに、引き続き戦略的な業態変更や改装・改修にも積極的に取り組む。



損益面では、厳しい収益環境(原材料価格の高止まり、人手不足による人件費上昇や電気・ガスといった光熱費の高騰等)が続くなか、売上収益の伸びやコストコントロールの継続に加え、前期に行った不採算店舗の退店及び保守的な減損処理等を通じて筋肉質なコスト構造への転換がさらに進んだことから、大幅な増益を実現する見通しとなっている。



2. 弊社の見方

弊社でも、先行き不透明な経済環境については引き続き注意する必要があるものの、既存店が順調に伸びていることや筋肉質なコスト構造への転換がさらに進んでいることから、同社の業績予想の達成は十分に可能であると見ている。注目すべきは、新たな成長ステージに向けた3ヶ年ロードマップの最終年度として、いかに最後の仕上げをし、次につなげていくのかにある。特に既存店については、客単価がコロナ禍前を上回って推移している一方、客数についてはまだ改善の余地があり、いかに店頭に顧客を呼び戻す(あるいは新たな顧客層を掘り起こす)ことができるかが、外食業界全体としても重要なテーマとなるだろう。同社ならではの時流を捉えた魅力的な業態開発やCRM強化(データ活用)によるリピーター比率の向上(店舗のファン作り)などにも注目したい。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)