バルテス・ホールディングス<4442>は18日、子会社のバルテスが開発するテスト自動化ツール「T-DASH」に実装した、画面に表示されている自然言語から対象のオブジェクトの要素パスを取得する技術について、特許を取得したことを発表。



本特許は、テスト実行を自動的に行う際の、「操作対象オブジェクト」及び「要素名」それぞれの表示位置に応じた対応関係情報を導出し、画面に表示されている文字から対応する要素のパスを自動的に取得する技術である。発明の名称はプログラム、情報処理方法、及び情報処理装置、特許番号は特許第7450187号、登録日は令和6年3月7日、特許権者はバルテス・ホールディングス。