28日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比3.46ポイント(0.11%)高の3253.24ポイントと3日続伸した。終値ベースでは約3カ月半ぶりの高値水準を切り上げている。上海A株指数も上昇し、3.54ポイント(0.10%)高の3407.05ポイントで取引を終えた。



中国人民銀行(中央銀行)の資金供給スタンスが好感される。人民銀は今週、公開市場操作を通じ、満期分との差し引きで2800億人民元の資金を供給した。供給超は2週連続となり、資金ひっ迫懸念がやや薄らいでいる。信用取引の買い越しが27日まで4日間続いたことを受け、相場の先高観も意識された。



シクリカル銘柄(景気敏感株)が相場を主導。足元の景気指標が概ね良好に推移するなか、素材メーカーなどの業績改善が期待された。非鉄の洛陽モリブデン集団(603993/SH)が6.2%高、鉄鋼の新余鋼鉄(600782/SH)が2.5%高、石炭の陝西媒業(601225/SH)が2.0%高で引けた。



グラファイト関連の銘柄群も急伸。炭素材メーカーの方大炭素(600516/SH)と石炭化学の宝泰隆(601011/SH)がそろってストップ高した。ここ2カ月間ほどで、方大炭素の株価は約3倍になり、宝泰隆株は70%超の上昇を記録している。方大炭素株は再び上場来高値を更新した。中国政府はこのところ、新素材産業の振興に注力している。消費関連株や銀行株の一角、不動産株、発電株などもしっかり。



一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が2.93ポイント(0.88%)高の334.29ポイント、深センB株指数が0.56ポイント(0.05%)安の1177.14ポイントで終了した。



【亜州IR】