1日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比19.61ポイント(0.60%)高の3292.64ポイントと5日続伸した。終値ベースで1年7カ月ぶりの高値水準に達している。上海A株指数も上昇し、20.62ポイント(0.60%)高の3448.41ポイントで取引を終えた。

中国景気の先行きを楽観。取引時間中に公表された7月の財新・中国製造業PMI(民間集計)は予想を上回る51.1となり、7月31日に国家統計局などが集計・発表した同月の製造業PMIは51.4で着地し、景況判断の分かれ目となる50を12カ月連続で超えている。景気安定が意識されるなか、直近でさえない値動きだった大型金融株が大きく上昇した。上海市場の代表的な50銘柄で構成される「上海50A株指数」は1.7%上昇。約2年ぶりの高水準に達した。

業種別では、保険株の上げが目立つ。中国平安保険(601318/SH)が5.4%高、中国人寿保険(601628/SH)が4.1%高で引けた。金融当局の管理・監督スタンスに関し、上場企業などには有利に運ぶとの観測が強まっている。当局は各社のリスク管理状況などを評価した上で、優良企業に対しては資産運用や商品開発の面で優遇措置を適用する方針という。銀行株や証券株、不動産株も買われた。

河北省の「雄安新区」設立に絡み同地や北京、天津などに事業拠点を置く銘柄群も再び物色される。建築材料の北京金隅(601992/SH)が7.9%、インフラ・公共設備運営の北京首創(600008/SH)が5.1%、送配電機器の保定天威保変電気(600550/SH)が4.3%、下水処理の天津創業環保集団(600874/SH)が3.3%ずつ上昇した。ゼネコン株や建機株などもしっかり。

一方、外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が0.41ポイント(0.12%)安の335.42ポイント、深センB株指数が0.29ポイント(0.02%)安の1182.13ポイントで終了した。

【亜州IR】