4日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比10.85ポイント(0.33%)安の3262.08ポイントと3日続落した。上海A株指数も下落し、11.39ポイント(0.33%)安の3416.35ポイントで取引を終えている。



中国人民銀行(中央銀行)の資金吸収が嫌気された。人民銀は4日、リバースレポを通じ1200億人民元の資金を供給したものの、過去に実施した満期分との差し引きでは200億人民元の吸収超となる。吸収超は2日連続(前半3日間は差し引きゼロ)。先週は週間で大幅な供給超だったが、今週は一転、吸収超に転じている。「国有企業改革」や「供給サイド改革」など政策期待が根強いなか、指数は買われる場面もみられたが、終盤に入り売りの勢いが増した。



金融株が下げを主導。中国人寿保険(601628/SH)が2.4%安、招商銀行(600036/SH)が1.4%安で引けた。このところ物色が続いた非鉄株も売られる。洛陽モリブデン集団(603993/SH)が6.2%安と急反落。同社株は前日に終値ベースで上場来高値を更新していた。不動産株や発電株、消費関連株、ITハイテク関連株などもさえない。



半面、鉄鋼株と石炭株はしっかり。宝山鋼鉄(600019/SH)が4.3%高、陝西媒業(601225/SH)が1.8%高と値を上げた。鉄鋼業に関しては、低品質製品の生産を規制する動きもあり、製品価格が高止まりするとの思惑もある。宝山鋼鉄は続伸し、約2年1カ月ぶりの高値を付けた。軍需関連株も急伸。航空宇宙機器の航天時代電子技術(600879/SH)がストップ高、レーダーや無線機器の安徽四創電子(600990/SH)が4.9%高で引けた。軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る「軍民融合発展」について、国家戦略に格上げされる方針??と伝えられている。改めて材料視された。



一方、外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が0.13ポイント(0.04%)安の333.95ポイント、深センB株指数が2.01ポイント(0.17%)安の1173.82ポイントで終了した。





【亜州IR】