【ブラジル】ボベスパ指数 122385.92 +2.76%

7日のブラジル株式市場は反発。主要指標のボベスパ指数は前日比3285.84ポイント高(+2.76%)の122385.92で取引を終了した。119100.8から122696.6まで上昇した。



買いが先行した後は上げ幅をじりじりと拡大させた。海外市場の上昇が好感され、ブラジル株への買いも広がった。米政局不安の後退などが支援材料となったもようだ。

また、原油価格の上昇も資源セクターの物色手掛かりとなった。



【ロシア】

休場



【インド】SENSEX指数 48093.32 -0.17%

7日のインドSENSEX指数は続落。前日比80.74ポイント安(-0.17%)の48093.32、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同8.90ポイント安(-0.063%)の14137.35で取引を終えた。



プラス圏でもみ合った後は終盤にマイナス圏に転落した。弱い経済指標が指数の足かせとなった。12月の日経サービス業購買担当者景気指数(PMI)は52.3となり前月の53.7を下回ったほか、3カ月ぶりの低水準を記録した。また、両指数とも過去最高値水準で推移しており、過熱感から利益確定売り圧力が高まっている。



【中国本土】上海総合指数 3576.20 +0.71%

7日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比25.33ポイント高(+0.71%)の3576.20ポイントと6日続伸した。約5年ぶりの高値水準を回復している。



経済持ち直しの期待が強まる流れ。世界銀行は6日、中国の2021年の国内総生産(GDP)成長率予想を7.9%と予測し、昨年6月時点の予測値(6.9%)から1.0ポイント上方修正した。第14次5カ年計画(2021-25年)の初年度を迎えただけに、中国では経済支援策に対する期待感が続いている。対中制裁の警戒感がくすぶったほか、売り圧力が意識され、指数は安く推移する場面があったものの、引けにかけて再びプラスに転じた。