【ブラジル】ボベスパ指数 123480.52 +1.27%

14日のブラジル株式市場は反発。主要指標のボベスパ指数は前日比1547.45ポイント高(+1.27%)の123480.52で取引を終了した。121946.7から123896.4まで上昇した。



買いが先行した後は上げ幅をじりじりと拡大させた。内需関連の上昇が指数を押し上げた。新型コロナウイルスワクチンの早期導入観測に伴う経済活動の正常化期待が高まったもようだ。また、原油価格の上昇も資源セクターの物色手掛かりとなった。一方、国内外で新型コロナ感染の再拡大が引き続き警戒された。



【ロシア】MICEX指数 3490.85 +0.59%

14日のロシア株式市場は3日ぶりに反発。主要指標のMOEX指数は前日比20.59ポイント高(+0.59%)の3490.85で取引を終了した。3439.01から3507.71まで上昇した。



売りが先行した後は買い戻され、引けにかけて上げ幅をじりじりと拡大させた。原油価格の上昇が支援材料となり、資源銘柄を中心に買いが広がった。一方、指数の上値は重い。ロシアが主導するノルド・ストリーム2ガス輸送パイプ計画をめぐり、米政府による追加制裁懸念が警戒されている。



【インド】SENSEX指数 49584.16 +0.19%

14日のインドSENSEX指数は強含み。前日比91.84ポイント高(+0.19%)の49584.16、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同30.75ポイント高(+0.21%)の14595.60で取引を終えた。



売りが先行した後は買い戻され、引けまで前日の終値近辺でもみ合った。企業業績の改善方向が対象セクターの物色手掛かり。IT大手のインフォシス(INFO)やウィプロ(WPRO)は10-12月期にそろって2ケタ増益を報告。また、新型コロナウイルスワクチンの普及開始に伴う経済活動の正常化期待も支援材料。ほかに、外国人投資家(FII)の買い継続が指数をサポートした。FIIはこの日までに6日連続の買い越しとなった。



【中国本土】上海総合指数 3565.90 -0.91%

14日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比32.75ポイント安(-0.91%)の3565.90ポイントと続落した。



新型コロナウイルス感染の再拡大が相場を冷やす流れ。中国の国家衛生健康委員会は14日、新規感染が13日に138人に達したと発表した(12日は115人)。また、昨年4月以来、約9カ月ぶりに感染者の1人が死亡している。すでに、複数の地域でロックダウン(都市封鎖)が実施されている状況。更に拡大した場合、景気持ち直しペースが鈍化する恐れもある。ただ、指数はプラス圏に浮上する場面もあった。今年は第14次5カ年計画(2021-25年)の初年度ということもあり、経済対策に対する期待感が根強い。また、中国経済指標の上振れも一定の支えになった。取引時間中に公表された昨年12月の中国貿易統計では、人民元建て輸出が前年同月比10.9%増となり、事前予想(7.1%増)を上回っている。