【ブラジル】ボベスパ指数 119564.44 +1.57%

5日のブラジル株式市場は反発。主要指標のボベスパ指数は前日比1852.44ポイント高(+1.57%)の119564.44で取引を終了した。117724.6から119733.9まで上昇した。



買いが先行した後は上げ幅を拡大させ、引けまで高値圏で推移した。欧州市場の上昇が好感され、ブラジル株にも買いが広がった。また、経済指標の改善も支援材料。3月の鉱工業生産は前年比で10.5%上昇し、前月の0.3%(改定値)と予想の8.5%を上回った。一方、利上げ懸念の高まりが指数の足かせに。なお、ブラジル中央銀行は6日日本時間未明、市場予想通り政策金利であるセリック金利を2.75%から3.50%に引き上げると発表した。



【ロシア】MICEX指数 3643.56 +1.85%

5日のロシア株式市場は続伸。主要指標のMOEX指数は前日比66.35ポイント高(+1.85%)の3643.56で取引を終了した。3600.88から3644.15まで上昇した。



買いが先行した後は上げ幅をじりじりと拡大させた。欧州市場の上昇が好感され、ロシア株への買いも広がった。また、原油価格が堅調な値動きを示したことも資源セクターの物色手掛かりとなった。



【インド】SENSEX指数 48677.55 +0.88%

5日のインドSENSEX指数は反発。前日比424.04ポイント高(+0.88%)の48677.55、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同121.35ポイント高(+0.84%)の14617.85で取引を終えた。



買いが先行した後は上げ幅をじりじりと拡大させた。景気対策への期待が高まっていることが支援材料。新型コロナウイルス感染「第2波」の到来に伴い、政府は景気対策を追加すると期待されている。また、経済指標の改善なども改めて好感されたもようだ。



【中国本土】

休場