【ブラジル】ボベスパ指数 100591.41 -0.17%

28日のブラジル株式市場は3日ぶりに反落。主要指標のボベスパ指数は前日比172.20ポイント安(-0.17%)の100591.41で取引を終了した。102237.09から99956.21まで下落した。



プラス圏で推移した後は後半は前日の終値近辺でもみ合った。米国景気の先行き不透明感が高まっていることが指数の足かせとなった。一方、指数の下値は限定的。原油など資源価格の上昇が好感された。また、雇用市場の改善も支援材料となった。5月の登録雇用創出統計は予想以上に伸びた。



【ロシア】MICEX指数 2408.75 +0.34%

28日のロシア株式市場は小反落。主要指標のMOEX指数は前日比8.31ポイント高(+0.34%)の2408.75で取引を終了した。2419.81から2392.26まで下落した。



後半はプラス圏を回復する場面もあったが、その後は再び売りに押された。米国がロシアに対して経済制裁を追加したことが嫌気された。米政府は28日、ロシア100の企業・個人を追加制裁リスクに組み入れたと発表。また、主要7カ国(G7)も対ロ制裁の追加を検討している。一方、指数の下値は限定的。原油価格の上昇などが指数をサポートした。



【インド】SENSEX指数 53177.45 +0.03%

28日のインドSENSEX指数は4日続伸。前日比16.17ポイント高(+0.03%)の53177.45、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同18.15ポイント高(+0.11%)の15850.20で取引を終えた。



売りが先行した後は上げ幅をじりじりと拡大させた。景気対策への期待が高まっていることが引き続き支援材料。また、インド経済が安定的な回復を示しているとの政府の見解も投資家の不安心理を緩和させている。



【中国本土】上海総合指数 3409.21 +0.89%

28日の上海総合指数は、主要指標の上海総合指数が前日比30.03ポイント高(+0.89%)の3409.21ポイントと4日続伸した。3月4日以来、約3カ月半ぶりの高値水準を切り上げている。



中国経済対策の期待感が相場を支える流れ。新型コロナウイルスの感染拡大で経済成長が鈍化する中、地方政府による債券発行が加速している。中でも専項債(公益事業向け資金調達を行う特別地方債)の発行額は、6月末時点で2022年発行枠の99%を消化した。また、中国人民銀行(中央銀行)は資金供給を継続。人民銀は28日、リバースレポを通じ満期分との差引で1000億人民元を市中供給した。連日で資金供給を拡大させている。人民銀のウェブサイトには、「景気回復を支援するため、緩和的な金融政策を継続する」とする易綱・総裁の談話が掲載された。