プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスは3日、郡山市のヨーク開成山スタジアム(開成山野球場)で巨人三軍と対戦し、4−4で引き分けた。後期通算成績は8勝7敗2分け。 一回表に2点を失ったホープスはその裏、四球と安打で好機をつくり、ジョン・ボウカーの右前打で1点を返すと、続く高橋祥の二塁ゴロの間に三走が生還し同点とした。その後、三回と五回に1点ずつを奪われた。二回以降得点できなかったホープスは終盤の八回、岡下大将の中前打で1点差に詰め寄ると、土壇場の九回には2死二塁から代打高橋恒が左前打を放ち、同点に追い付いた。 次戦は4日午後6時から同会場で巨人三軍と対戦する。試合は「e.homeチャリティマッチデー」として行う。