中川雅治環境相は9日、東京電力福島第一原発事故に伴う除染土壌などを保管する中間貯蔵施設(双葉町、大熊町)を視察した。同施設を訪れるのは就任後初めて。 双葉町で試験運転をしている受け入れ・分別施設では、搬入された除染廃棄物を可燃物と土壌に分ける工程について担当者から説明を受け、施設内部を見学した。視察後、中川氏は中間貯蔵施設整備について、「用地の取得は着実に進んでいる。少しでも早く機能させられるよう、地権者に説明を尽くしていく」と述べた。 視察に先立ち、大熊町役場会津若松出張所で渡辺利綱大熊町長、富岡町役場で宮本皓一富岡町長と懇談した。