いわき市漁協は9月から、試験操業の水揚げで市内の沼之内魚市場に集約された魚介類の入札を再開する。10日にいわき市で開いた試験操業検討委員会で決めた。 沼之内魚市場に集約された魚介類はこれまで、いわき仲買組合と相対で価格を決め、一括で組合に引き渡した上で卸売市場に出荷していた。市漁協は、仲買業者が入札で購入した魚介類をそれぞれの取引先に出荷することで流通拡大が期待できるとしている。 いわき市では沼之内、小名浜、勿来の3魚市場に漁獲した魚介類が集約され、卸売業務を行っている。小名浜と勿来では既に入札を行っている。 検討委員会では、6月に出荷制限が解除されたウスメバルを試験操業対象種に追加する計画案も決めた。県地域漁業復興協議会と県漁協組合長会議の承認を得て正式決定する。 市漁協は、9月から東京電力福島第二原発の沖合から茨城県境までの海域で、同漁協と相馬双葉漁協の組合員による遊漁船の試験操業を再開する方針も示した。計16隻が参加を予定し、漁場は水深120メートル以深の海域とする。漁獲対象は試験操業対象種に限り、乗船した釣り客が取った魚は船長が確認する。