県内のお盆成人式のトップを切り、下郷町の成人式が13日、町内の下郷ふれあいセンターで行われた。新成人が20歳の決意を新たにした。 新成人は男性28人、女性23人の計51人。星学町長が「豊かな感性や旺盛な行動力で、自分らしい納得のいく人生を歩んでほしい」とあいさつした。星町長と渡部岩男町教育長が一人一人に成人証書と記念品を手渡した。 新成人代表で成人式実行委員長の大竹遼斗さん(19)が「両親や家族、町民の方々らに感謝し、皆さんの思いに恥じることのない大人になります」と誓いの言葉を述べた。 晴れ着やスーツ姿の新成人は一緒に写真に納まり、再会を喜び、笑顔を見せていた。