福島県の「雪だるま親善大使」は23日、沖縄県での活動に入った。新型コロナウイルスの影響で過去2年はオンラインでの活動や中止となっており、派遣は3年ぶり。

 大使に選ばれたのは、ともに猪苗代小6年の井上陸生(りき)さんと鵜川嶺王(れのん)さん。福島空港で出発式が行われ、訪問団長の今野一宏県観光交流局次長が2人にたすきを渡した。井上さんは「沖縄のみんなに雪の魅力を伝えたい」、鵜川さんは「沖縄の美しい自然や歴史を学びたい」と抱負を述べた。

 2人は沖縄に到着した後、沖縄県庁で照屋義実副知事を表敬訪問した。首里城も訪れた。24日は宜野湾市の普天間二小を訪ねる。児童に雪だるまや箱に詰めた雪を贈り、交流する。