2016(平成28)年度に第2回ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)を受賞した企業・団体は8月10日午後3時から福島市太田町のザ・セレクトン福島で企業の発信力を学ぶセミナーを開催する。第2回の全受賞企業・団体による連携事業は初めて。 第2回では31企業・団体が各賞を受けた。このうち会津地方の9つの企業・団体は5月に自社商品の展示・販売イベントを開催し好評だった。第1回の受賞企業は7月に初の研修会を開催しており、受賞企業による連携がさらなる広がりを見せている。 セミナーでは受賞企業が最近の事業展開、自社情報の発信方法などについて発表する。福島民報社の鞍田炎編集局長が新聞社から見た企業の発信力について講演する。会場には展示ブースを設け各社の製品や事業を紹介。セミナー後に懇親会を開き意見を交わす。  最高賞の知事賞を受賞した斎栄織物(川俣)の斎藤泰行社長、福島民報社賞を受けたイービーエム(福島、本社・東京)の朴栄光社長、福島民報社奨励賞を受けた菊池製作所(飯舘、本社・東京)の菊池功社長が発起人となり、準備を進めてきた。■一般の聴講募る セミナーは一般聴講が可能。無料で、各社のブースも見学できる。 事前申し込みが必要で定員は30人。締め切りは7月31日。希望者は会社名、住所、氏名、電話番号を記入し福島民報社にファクスかメールで申し込む。ファクス 024(533)4128、メールアドレス sangyo−shinko@fukushima−minpo.co.jp 問い合わせは産業振興部 電話024(531)4087へ。■第3回応募受け付け 8月末まで 福島民報社は2017年度の第3回ふくしま産業賞の応募を受け付けている。締め切りは8月31日。応募書類は福島民報社のホームページからダウンロードする。 問い合わせは福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係 電話024(531)4171へ。 ▽ホームページアドレス http://www.minpo.jp/ ▽応募書類の送り先アドレス sangyo@fukushima−minpo.co.jp