東京電力福島第1原発で保管されているトリチウムを含んだ処理水の海洋放出を巡り、東電の川村隆会長が共同通信などのインタビューで「判断はもうしている」と発言したことについて、全国漁業協同組合連合会(全漁連)は19日、川村会長を東京都の同漁連事務所に呼び、厳重抗議した。
 川村氏は「真意が伝わらなかった。会社としても個人としても判断した事実はない」と釈明した上で、処理水を安易に放出することはないことを確約した。
 全漁連の岸宏会長は「海洋放出に言及したことは漁業者、国民への裏切り行為」と批判。同席した野崎哲県漁連会長は「われわれは(地下水)バイパスやサブドレン(からの排水)など県民として協力してきた。発言は大きな不安感と不信感を持たざるを得ない」と不信感をあらわにした。
 抗議に対し、川村氏は「結果として漁業関係者に大変な不安と迷惑を掛けた」と陳謝したが「(東電が判断したという趣旨で)発言した事実はない」として撤回はしなかった。
 川村氏は、会談後の取材に対し、報道陣から「インタビューで放出の判断について『もうしている』と言った記憶はあるか」と聞かれると「ある」と答えた。
 しかし、その内容は「科学的な安全性に関しては、東電は国の基準通り行えば安全であると判断している」「社会的な問題については風評の問題もあるので東電が主体的に安全性だけで決めることはできない」との二つの側面から発言したと説明した。