福島市で6月27日に80代女性が警察官を名乗る男の電話を信じ、900万円をだまし取られた「なりすまし詐欺」事件で、福島署は19日午前10時5分ごろ、詐欺の疑いで、本籍兵庫県加古川市、住所不定、無職の容疑者男(22)を逮捕した。
 同署によると、容疑者は女性宅を訪問し現金を受け取った「受け子」役とみられ、容疑を認めているという。
 同署は県警捜査2課と捜査し、詐欺容疑で容疑者の逮捕状を取り、行方を追っていた。
 同署によると、計8人の捜査員が容疑者が宿泊中の都内のビジネスホテルを特定、ホテルから出てきたところを逮捕した。同署は容疑者のほかに電話役など複数人が関与しているとみており、捜査を進めている。
 6月27日には福島市で別の80代女性が警察官を名乗る男の電話を信じ、1千万円をだまし取られる被害もあった。同署は容疑者が関与しているかについても調べている。
 同署によると、容疑者は捜査員に「職業は受け子です」などと答えているという。容疑者は都内外を転々としながら、受け子役を続けていた可能性があるとみている。
 逮捕容疑は、電話役の「かけ子」らと共謀して6月27日、福島市の80代女性宅に訪問し、現金900万円をだまし取った疑い。