いわき市の温泉施設スパリゾートハワイアンズに、高低差40.5メートル、全長283メートルのウオータースライダー「BIG☆ALOHA(ビッグアロハ)」が完成し、20日、報道陣に公開された。
水が流れる2本のチューブ内を寝ころんで滑る遊具で、浮輪などを使わず体だけで滑る「ボディースライダー」としては高低差、長さともに日本一という。料金は1回500円で、21日から一般に開放する。
 同施設周辺エリアを継続的に開発する「ハワイアンズ未来化構想ALOHA(アロハ)プロジェクト」の第1弾。ビル10階相当の高さからチューブ内を時速約30キロで滑り降り、約40秒で着水する。来年2月には着水地から入場口までエレベーターを整備予定。
 ビッグアロハを体験した新人フラガールの勝俣春乃さん(21)は「どこまで続くのかとわくわくする。多くの人に滑ってもらいたい」と話した。