21日の福島県内は、高気圧に覆われ、各地で気温が上昇した。福島地方気象台によると、福島市の35.9度をはじめ、伊達市梁川町35.5度、会津若松市35.1度、喜多方市35.0度と、各地で「猛暑日」となった。
 会津若松市の会津総合運動公園では、夏休みに入った子どもたちが公園内の噴水で水遊びを楽しみ、暑さをしのいでいた。
 同気象台によると、22日の県内は前線や湿った空気の影響で、曇りや雨、雷雨の所がある見込み。特に昼すぎから夜にかけて大気の状態が不安定になる見通しで、激しい雨や落雷、竜巻などの突風などに注意が必要という。
 熱中症疑いで搬送
 県内7市で21日、熱中症の疑いで男女9人が病院に運ばれた。入院が必要な中等症は2人だった。相馬地方消防本部によると、中等症とみられる南相馬市の90代の女性は、道路に倒れているところを通行人が発見し、病院に運ばれた。