東京電力福島第1原発の処理水海洋放出を巡り、東電の川村隆会長が共同通信などのインタビューで「判断はもうしている」と発言したことについて、東電福島復興本社の新妻常正副代表は25日、いわき市で開かれた県漁連の組合長会議で「不安を抱かせたことをおわびしたい」と述べ、漁業者に謝罪した。
 会議終了後、新妻氏は「社として海洋放出するという判断はしていない」と釈明。川村会長の発言については「説明が足りていなかった」との認識を示した。
 県漁連の野崎哲会長は「トリチウムを含んだ処理水の海洋放出は認めない。風評被害と科学的見地の両面から反対する」と改めて主張した。