二本松市のアパートで28日、作業員、男性(58)が遺体で見つかった殺人事件で、殺人の疑いで逮捕された58歳男性と同居する同僚の除染作業員、容疑者男(63)が、事件直前まで58歳男性と一緒に飲酒していた可能性があることが30日、二本松署への取材で分かった。容疑者男と58歳男性はいずれも県外出身で、仕事で知り合い、一緒に暮らしていたとみられる。同署は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて事件の経緯や動機の解明を進めている。
 逮捕容疑は27日から翌28日未明にかけ、58歳男性方で58歳男性を殺害した疑い。捜査関係者によると、58歳男性方からは血の付いた包丁が見つかっており、凶器に使われた可能性が高いとみている。
 同署は30日、容疑者男を福島地検に送致した。