新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、世界最大規模の水素製造工場を浪江町棚塩地区に整備する方針を固めた。来年夏に着工し、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年の実証開始を目指す。東京電力福島第1原発事故で被災した本県を水素の一大生産地とする「福島新エネ社会構想」が本格的に動きだす。
 東芝、東北電力、液化石油ガス(LPG)大手の岩谷産業の3社による事業計画が正式に採択される見通しとなった。
 1年間で燃料電池自動車1万台分の使用量に相当する水素を製造、県内外の水素ステーションなどに輸送する。水素製造には太陽光や風力発電による再生可能エネルギーを活用する。
 電力系統の需給バランス調整や水素の需要予測のシステムもつくり、効率的な運用技術を確立する。東京五輪では、燃料電池バスや選手村での本県産の水素活用が見込まれる。
 水素工場は、東北電力が町に無償譲渡する浪江・小高原発の旧建設予定地に建設する。128ヘクタールのうち約40ヘクタールを造成し、水素製造施設に4.5ヘクタール、残る36ヘクタールを太陽光発電施設に充てる。
 再生エネの中でも、水素は電力を大量・長期に貯蔵することができ、長距離輸送やさまざまな用途での利用が可能なため、導入拡大が期待されている。