テレビ朝日系で6日に放送する特集番組「ビキニ事件63年目の真実〜フクシマの未来予想図」の副題についてネット上で批判が相次ぎ、同社にも疑問の声が寄せられたため、同社が副題の「フクシマの未来予想図」を削除していたことが2日、分かった。
 番組は、第五福竜丸の船員らが被爆したマーシャル諸島ビキニ環礁の水爆実験で被害を受けたロンゲラップ島元住民などを取材。同社広報部は「元島民の思いが、原発事故の被災者の思いに投影されるのではないかという視点が含まれていた」ために当初の副題をつけたが、批判を受け「誤解が生じかねないと考え、削除することにした」という。
 関係者によると、同社ホームページの番組紹介では当初、元乗組員の「あの時、ビキニ事件をうやむやにしたことが、フクシマの悲劇を生み出した」との証言を紹介した。担当キャスターは公式ブログで、米国の安全宣言を受け、帰島した島民に甲状腺がんなど健康被害が相次いだことに言及。「今も続く放射能汚染の問題。そして帰れない故郷...。それは、福島の問題にもつながってきます」と書かれていた。