須賀川市の東北道下り線で8日夜、大型トラックが横転した交通事故で、車に乗っていたいずれもトラック運転手の青森市、男性(27)、青森県弘前市、男性(44)の2人は全身を強く打ち、死亡した。2人は横転した際、車外に投げ出されたとみられる。
 県警高速隊によると、現場は見通しが良い直線道路。大型トラックは進行方向左側のガードロープに衝突し横転したとみられる。2人は長距離移動のため交代しながら運転していたとみられることから、同隊は事故当時の運転手や事故原因を調べている。2人は都内から青森県の市場にバナナを運ぶ途中だったという。
 この事故のため須賀川―郡山南インターチェンジ(IC)間下り線は事故直後から約7時間にわたり通行止めとなった。