10日午前7時30分ごろ、東京電力福島第1原発敷地の駐車場工事現場に不発弾が埋まっているのを掘削工事中の作業員が発見した。
 県警から要請を受けた陸自神町駐屯地(山形県)の不発弾処理班が出動し、午後4時50分ごろに不発弾を回収した。今後、爆破処理する予定。廃炉作業に影響はなかった。
 東電によると、不発弾が見つかったのは原子炉建屋などから西に約1キロ、新事務本館から北西に約300メートルの地点。県警が一時、周辺200メートルを立ち入り規制した。
 陸自によると、不発弾は長さ約80センチ、直径15センチの円筒形で旧日本陸軍の「50キロ爆弾」とみられる。