相馬双葉漁協は10日、相馬市の松川浦漁港で東日本大震災の犠牲者や海上遭難者の霊を慰める流灯会(りゅうとうえ)を開き、鎮魂の願いを込めた灯籠約300個が海面を淡く照らした。
 漁業関係者や震災遺族らが参列した。読経や焼香に続いて船から海上に灯籠が流されると、参列者が犠牲者の冥福を祈った。
 あいさつに立った立谷寛治組合長が「以前の活気を取り戻すことが真の復興。一日も早い本格操業が実現できるよう力を合わせていく」と漁業再生へ向けて決意を語った。