鏡石町の「田んぼアート」の一般観覧が18日、町図書館展望室で始まった。
 童話「眠れる森の美女」をテーマにした稲による芸術が、町に彩りを添えている。観覧無料。10月下旬ごろまでの予定。地元農業団体などでつくる実行委の主催。
 8回目となる今回は、同図書館北側の約70アールの水田に緑や黒、赤色など過去最多となる6色9種類の苗で制作。
 デザインは昨年に続き東京のイラストレーター湖川友謙さんが手掛け、いばらに囲まれ眠る美しい王女の横顔を表現した。
 観覧時間は午前9時〜午後6時30分。月曜日休館(月曜日が祝日の場合はその翌日休館)。
 問い合わせは実行委事務局の町観光協会(電話0248・62・2118)へ。