フランスのルノーが4月中旬、日産自動車に経営統合を求めていたことがわかった。

関係者によると、ルノーのスナール会長が、4月中旬、日産の西川社長に対して、両社の経営統合を要求したという。

両社をめぐっては、ルノーの筆頭株主のフランス政府が日産に対して経営統合を求めていたが、日産は独立性を保ちたいとして拒否する意向を示していて、今回の要求にも応じないものとみられる。

日産自動車・西川社長

「今はね、アライアンスボード(意思決定機関)で議論した通り、お互いシナジー(相乗効果)を出していく方向でやっている」

友好的な姿勢を見せていたルノーが今回、態度を一変させたことで、改善に向かっていた両社の関係が再び悪化する可能性がある。