ソフトバンクグループの要請を受けて、みずほ銀行などが3,000億円規模の融資について協議していることがわかった。

関係者によると、ソフトバンクグループは、多額の損失を計上したアメリカのシェアオフィス大手「ウィーワーク」の支援などに充てるため、メガバンクなどに対して、数千億円規模の融資を要請している。

みずほ銀行と三菱UFJ銀行、三井住友銀行などは、3,000億円規模の融資について協議しているが、ソフトバンクグループ向けの債権が膨らんでいるため、一部の銀行は、これ以上のリスクが取れるかどうか慎重に検討しているという。

ソフトバンクグループは、「手元資金とのバランスを見ながら、柔軟に検討していく」とコメントしている。