東芝が、外資ファンドからの買収提案を拒否する方向で調整に入ったことがわかった。

東芝は、イギリスに本拠を置く投資ファンド「CVCキャピタル・パートナーズ」などから買収を提案されていたが、関係者によると、これを拒否する方向で調整に入ったという。

CVC側の買収提案は、東芝の株式の非公開化が前提だが、車谷前社長が過去にCVCの日本法人のトップを務めていたことから、背景が不透明だとの指摘が出て、車谷氏は辞任し、東芝は、綱川社長のもとでの新たな経営体制に移行している。