政府は、物価高騰への緊急対策のため今年度の補正予算案を決定した。

その財源はすべて赤字国債で、国会で月内の成立を目指す。

決定された補正予算案は、一般会計の総額で2兆7009億円になる。

原油高対策として、ガソリン価格を抑えるための補助金などに1兆1739億円、今後の備えとしての「予備費」1兆5200億円が入ります。

先月まとめた物価高騰への緊急対策を実行するためすでに使った予備費を補填する形となり、異例。

鈴木財務相「今後の災害、新型コロナ再拡大、原油価格などのさらなる価格高騰など予期せぬ財政需要に迅速に対応し、全国民の安心を確保するために必要な措置である」

これらの財源はすべて国の借金である赤字国債の追加発行でまかない、国会で月内の成立を目指す。