21日夜、長崎市で、海面が急激に上昇する「副振動」と呼ばれる現象が発生し、繁華街が水浸しになった。

大雨でもないのに、長崎市の繁華街は水浸しに。

原因は、海面上の気圧のわずかな振動で引き起こされたとみられる、副振動(あびき)という現象。

長崎港では、満潮時間に近い21日午後8時40分ごろ、30分間で1m5cmの海面の変動を観測した。

22日午前9時の満潮の時間帯に副振動は観測されていないが、被害のあった地域では、22日朝から住民が片づけに追われていた。

(テレビ長崎)