3月11日、大阪・ミナミの違法カジノ店で、従業員と客を拳銃で撃った疑いで指名手配されていた男が、逮捕された。

強盗殺人未遂などの疑いで逮捕されたのは、住居・職業不詳で、韓国籍の井川こと、姜眞一容疑者(34)。

姜容疑者は3月11日の未明、大阪市中央区の違法インターネットカジノ店で、従業員の男性(42)と客の男性(32)を拳銃で撃ち、殺害しようとした疑いなどが持たれている。

従業員の男性は、現在も意識不明の重体、客の男性も重傷を負った。

警察が指名手配をしていたが、20日朝、滋賀・高島市の住宅に潜伏しているところを発見し、逮捕した。

調べに対し、姜容疑者は、「黙秘権を行使したい」などと話している。

(関西テレビ)