東京・品川区の路上で6日夜、中学2年の男子生徒が倒れているのが発見され、病院に搬送された。

飛び降りた可能性があり、事件と事故両面で調べている。

6日午後11時50分ごろ、品川区平塚の路上で「小学生くらいの子どもが血を流して倒れている」と通報があった。

倒れていたのは、中学2年の男子生徒で、意識不明のまま病院に搬送されたいう。

夏休みやゴールデンウイークなどの長い連休明けの直後には、子どもの自殺が増加する傾向があり、警視庁は男子生徒が飛び降りた可能性も視野に、事件と事故の両面で慎重に調べを進めている。