うその真珠の取引で消費税の不正還付を受け、およそ4,000万円を脱税した疑いで、貿易業者が東京地検特捜部に逮捕された。

逮捕されたのは、貿易会社の実質経営者・大森祥生容疑者(48)。

大森容疑者は、真珠やピンクダイヤモンドを日本で仕入れて海外で販売したように装い、消費税などの還付を不正に受け、およそ4,000万円を脱税した疑いが持たれている。

大森容疑者は、実際には、同じ真珠を使い回して何度も取引をしているように装っていて、この仕組みを「ぐるぐるマップ」と呼んでいた。

また、東京国税局の強制調査の際、大森容疑者はパソコンを台所の流しで水浸しにし、携帯電話も破壊して証拠隠滅を図ったほか、脱税した金は、トイレのタンクに隠していたという。