女優の土屋太鳳さんや綾瀬はるかさんなどの偽のサインが入った衣類やバッグを売り、逮捕された脚本家が、「芸能人がCM撮影の際に身に着けたものだ」と言って、業者に買い取らせていたことがわかった。

脚本家の旭井寧容疑者(56)は、2019年4月、女優の土屋太鳳さんや綾瀬はるかさんなどの偽のサインが入った衣類やバッグ、あわせて5点を、神奈川・横浜市内の中古品販売店に売り、現金4万円をだまし取った疑いで逮捕された。

旭井容疑者は、「芸能人がCM撮影の際に身に着けたものだ」と言って、業者に買い取らせていたという。