超大型の「台風10号」。

気象庁は、総雨量1,000mmのおそれと警戒を呼びかけている。

強風と高波で大荒れとなったのは、台風10号の強風域に入った宮崎県。

気象庁は13日、緊急会見を行い、警戒を呼びかけた。

気象庁 予報部予報課・黒良龍太主任予報官「超大型の台風であるため、西日本・東日本の広い範囲で、大雨、暴風、高潮などの災害のおそれがあります。降り始めからの降水量が、多いところでは1,000mmを超える大雨となるおそれがあります」

高波や高潮に加え、総雨量が1,000mmに達するおそれがある台風10号は、15日にも四国や九州地方に上陸。

Uターンラッシュに影響を及ぼすとみられる。

長崎・五島市では、台風の接近を前に、13日夜、長崎行きのフェリーの臨時便を運航。

予定を前倒しして、チケットを買い求める人も見られた。

予定を早めた人は、「台風で飛行機が飛ぶかわからないので、とりあえずこの島を出ようかなと」と話した。

さらに、JR西日本は13日、計画運休の可能性を発表。

15日の山陽新幹線を、新大阪から博多までの全線で、終日運転を見合わせる可能性があるとしている。

利用客は、「帰りの新幹線がないから困っています」、「切符も変更したりしたので不安。これからまた(変更)しなきゃいけない切符も持っていて、心配です」などと話した。

このほか、JR東海は、15日に東海道新幹線で間引き運転を行う可能性があると発表。

また、JR九州も在来線と九州新幹線で、14日夕方から運転を見合わせる可能性があるとしている。

台風の影響は、空の便にも。

全日空では、国内線の34便を、また、日本航空でも国内線62便の欠航を決めており、あわせて9,000人近くに影響が出る見込み。

強風域が広く、雨雲も幅広い範囲に及ぶ超大型の台風10号。

厳重な警戒が求められる。

台風10号の最新進路。

台風10号は13日午後9時現在、九州、鹿児島の南東の海上にある。

超大型の台風ということで、強風域が九州、四国の一部にかかっている状況。

このあとの予想進路だが、早ければ14日の朝には、九州の南部に風速25メートル以上の暴風域がかかる見込み。

そして、15日の日中帯、四国、もしくは九州に上陸し、西日本を縦断する形となっていくとみられる。

雨や風の警戒の期間だが、西日本の九州や四国では、日付が14日に変わってから雨や風が強まるもよう。

そして、東日本に関しても、東海地方では14日の午後から雨脚が強まり、16日にかけて荒れた天気が続く見込み。

北日本に関しては、台風が温帯低気圧となって、16日以降に影響が出てくるとみられる。

これから、高速道路や新幹線、飛行機など、Uターンラッシュがピークを迎え、交通の足に大きく影響が出てくる見込み。