台風10号は、15日午前中に四国から九州に上陸し、西日本を縦断する見込み。

暴風や高波、高潮にも厳重な警戒が必要。

大型の台風10号は、自転車並みの速さで北上している。

台風は、15日午前中には四国から九州に上陸し、その後、西日本を縦断するもよう。

台風は、大型で動きが遅いため、西日本は丸一日以上、大荒れの天気が続く見込み。

15日の夕方にかけて予想される雨量は、いずれも多いところで、四国で1,000mm、東海で700mm、近畿・九州北部で500mm、九州南部で400mm、中国地方で200mm、関東甲信で180mmとなっている。

その後、16日にかけてさらに雨量が増え、降り始めからの総雨量は、四国や紀伊半島を中心に1,200mmを超える、記録的な大雨となるおそれがある。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重に警戒が必要となる。

また、西日本の太平洋側を中心に、海は猛烈なしけとなるもよう。

暴風や高波、高潮にも厳重な警戒が必要。