遺伝情報を改変して作られた「ゲノム編集食品」の流通の届け出の受付が、10月1日から始まる。

表示については義務化されず、「任意」の扱いとなる。

「ゲノム編集食品」は、甘くて傷みにくいトマトや、筋肉量の多いマダイなどの研究開発が進んでいる。

厚生労働省は流通について、開発者や輸入者からの事前相談と届け出を10月1日から受け付ける。

一方、消費者庁は、「ゲノム編集食品」の表示を義務化せず、「任意表示」とする方針を決めた。

科学的に判別できず、表示違反があった場合に処分できないためだと説明している。