短時間で発達する、いわゆる爆弾低気圧の影響で、北日本を中心に大荒れの天気になっている。

15日にかけて、北海道を中心に、季節外れの大雪や猛吹雪も予想され、厳重な警戒が必要となる。

14日午前8時半ごろの山形・酒田市の様子。

風は、すでに北日本や北陸で強まっていて、酒田市では、最大瞬間風速30.2メートルを観測した。

このあとは、上空に真冬並みの寒気が流れ込んで、北海道を中心に、季節外れの大雪や猛吹雪が予想される。

東北の北部も、14日夜から15日は平地で雪が積もる見込み。

北海道で予想される降雪量は、15日朝にかけて、多いところで40cm、さらに16日朝にかけては50cmから70cmと、11月としては記録的な大雪に見舞われる可能性がある。

交通機関の乱れなども予想されるため、注意が必要となる。