東京・銀座の繁華街で、白タク行為を繰り返していたとみられる高齢ドライバーの男3人が逮捕された。

男らが白タク行為をしている様子を、FNNのカメラがとらえた。

FNNのカメラがとらえた84歳の男ら3人は、2019年1月から9月までの間、東京・銀座で、無許可で客を乗せる白タク行為をした疑いが持たれている。

男らは、銀座の繁華街で、言葉巧みに客を募っていた。

白タク行為をした疑いの男「タクシーは? 今、景気悪いから安くしてる」

記者「白ナンバーですけど」

白タク行為をした疑いの男「白タク」

記者「え?」

白タク行為をした疑いの男「白タク」

調べに対し、84歳の男は、「年金をもらっていなかった。生活が苦しかった」などと容疑を認めていて、警視庁は、およそ40年間で1億4,400万円の売り上げがあったとみて調べている。