北日本では、4日にかけて、冬の嵐に警戒が必要となる。

強い風をともなって、横殴りに降り続ける雪。

強い寒気の影響で、3日、北日本の日本海側を中心に荒れた天気となった。

秋田・横手市では、昼ごろから雨が雪に変わり、畑一面が雪に覆われた。

北海道の沿岸部では暴風が吹き荒れ、えりも岬で、最大瞬間風速38.3メートルを観測。

留萌市では、強風と高波で発生したとみられる波の花が道路を白く染めた。

3日は冬型の気圧配置が強まり、北日本の上空1,500メートル付近に、氷点下15度以下という真冬並みの寒気が流れ込んだ。

そのため、中国地方でも山間部で雪となり、広島県で最も高い山・恐羅漢山で、初冠雪となった。

4日も、北日本では強い冬型の気圧配置が続くため、4日の夕方までに降る雪の量は、多いところで北海道で50cm、東北で40cmと予想されている。

また、北海道と東北で、4日にかけての最大瞬間風速は35メートルと予想されていて、交通機関の乱れなどへの警戒が必要となる。