東京・麻布十番で、医師の資格がないのに患者に注射を打つなどの医療行為をするなどした疑いで、薬剤師の男ら2人が警視庁に逮捕された。

医師法違反の疑いで逮捕されたのは、薬剤師の増田光信容疑者(64)で、2019年、港区麻布十番の薬局と診療所で、同じく逮捕された診療所の受付だった女とともに、医師の資格がないのに、患者に処方箋を発行したり、注射を打つなどの医療行為をした疑いが持たれている。

また、増田容疑者ら2人は、処方箋が必要な医薬品を患者に不正に販売した薬機法違反の疑いも持たれている。

警視庁は、増田容疑者らが、いつから違法な医療行為を繰り返していたのか、くわしい経緯を調べる方針。