19日午後に行われた緊急会見で、「(会食で)小人数、小一時間、小声、小皿、小まめ、この5つの『小』に加え、こころづかい。医療従事者の皆さまへのこころづかいをわたしたちは忘れてはならない」と述べた東京都の小池知事は、これからの忘年会・新年会シーズンを前に、会食時の感染対策の徹底を呼びかけた。

また、都内で20日から始まる「GoToイート」キャンペーンの会食人数については、「国が4人なら、それをベースでご判断いただきたい」と述べた。

19日の緊急会見で、小池知事は、感染状況の警戒レベルについて、最も高い「感染が拡大している」に引き上げたことを正式に表明。

警戒レベルの引き上げは、9月10日以来、およそ2カ月ぶり。

一方、感染拡大を受けて、飲食店などへの営業時間の短縮要請については、慎重な姿勢を示し、今後、時短要請を検討する場合、重症者の数をもとに判断する考えを明らかにした。