栃木・足利市で21日に発生した山火事は、依然として消火せず、54世帯のおよそ100人に避難勧告が出されている。

足利市の両崖山で、21日午後3時半すぎに発生した山火事は、2日以上たったが延焼が続き、火の勢いは収まっていない。

足利市は、延焼拡大のおそれがあり、広い範囲で煙が充満していることから、近隣の54世帯およそ100人に避難勧告を出した。

自衛隊のヘリや栃木県の防災ヘリなどが消火活動にあたっているが、鎮火のめどは立っていない。

【関連記事】
・発生4日目も消火活動続く 栃木の山火事で72世帯に避難勧告