東京・青梅市で61歳の男が自宅マンションの隣りの部屋の視覚障害がある女性宅に押し入り現金を奪うなどした疑いで警視庁に逮捕されました。

小山貴之容疑者は2月14日、青梅市友田町のマンションで、自宅の隣りの部屋に住む視覚障害を持つ77歳の女性に「ヤマダです」と言って玄関ドアを開けさせて押し入り、頭からジャンバーをかけ、粘着テープで女性の顔や手足を縛り羽交い締めにしたうえ、現金およそ4万円を奪うなどした疑いがもたれています。

小山容疑者は女性に「とにかく人に言うな、警察に言ったら他の者が来て殺されるぞ」と脅していたということです。

マンションの防犯カメラには事件前後に出入りする様子がなく、警視庁は同じマンション住人による犯行とみて捜査していました。

また、被害者女性宅のインターホンの録画映像が事件当日だけ削除されていて、警視庁は小山容疑者が犯行が発覚しないよう削除したとみて調べています。