12日、新型コロナウイルスワクチンの高齢者接種が始まった東京・八王子市で、接種の予約をした希望者が会場に現れず、余ったワクチンが廃棄されていたことがわかった。

八王子市によると、12日にワクチン接種を予約した2人が、会場に現れなかったという。

開封されたワクチンは、長期間保存ができないため、余ったワクチンは廃棄された。

八王子市の担当者は、「混乱を避けるため、別の人に回すことは難しい」と話している。

これを受けて、河野担当相は、ワクチンを無駄にしないよう、柔軟な接種を自治体に呼びかけた。

“ワクチン接種担当”・河野規制改革相「他市他県の方でも一向に構わない。まったく制約はないので、ワクチンが廃棄されないように、現場対応でしっかりと打っていただきたい」

河野大臣は、ワクチンが余った場合、「できれば接種券を持つ高齢者、接種券のない高齢者、それ以外の方の順番で対応してほしい」と述べ、接種券がない人にワクチンを打った場合は「しっかり記録をしておいてほしい」と自治体に呼びかけた。